ボトックス注射の効果と副作用

ビル

ボトックス注射を行う事で、シワやたるみを改善する事が出来ると言われています。 ボトックスとはそもそも、タンパク質の一種なのです。 タンパク質の一種であるボトックスを肌の中に直接注入する事で、筋肉にリラックス効果をあたえ、筋肉の収縮を弱めてくれるでしょう。


シワやたるみの原因は、筋肉の衰えが多いそうです。 そんな筋肉の収縮が弱まる事で、表面上のシワも薄くする事が出来るのではないでしょうか。 小じわを始め、顔表面の様々なシワに効果を与えてくれるのです。


そんなボトックス注射で不安なのが、副作用ですよね。 ボトックス注射を受けた人の中には、直後に勅書顔面神経麻痺の症状が起きる人もいます。 けれども、ボトックス注射はそもそも顔面の筋肉を収縮させる物です。 初めは顔に違和感があるかも知れませんが、いずれ慣れてくるでしょう。


人によっては、ボトックス注射を受けた後に顔に注射跡が残ったり、皮下出血が起きる人もいます。 顔の筋肉の動きの低下やまぶた、眉の垂れ下がりに違和感を感じる人もいるかも知れません。 こういった症状を実感しても、時間と共に改善する人が多いのです。


ボトックス注射は、顔面神経麻酔の一つです。 その為、どうしても顔表面の筋肉に影響してしまいます。 時間と共に消える副作用が殆どですし、ボトックス注射を受けるうえでは仕方がの無い副作用なのでは無いでしょうか。

ボトックスは、とても安全な医薬品です。 ボトックス自体の副作用と言うよりは、顔面神経麻酔としての副作用が殆どでしょう。

毎日のスキンケアでエイジングケアを行うならシワたるみに効く化粧品を選んで継続的にエイジングケアしていくと良いと思います。